PANTONE COLOR OF THE YEAR 2022 / INTRODUCTION

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー 2022の発表

PANTONE 17-3938 Very Peri

勇気ある存在感が、個人的創意工夫や創造性を後押しするパントンの新色をご紹介します。

2022年のパントン・カラー・オブ・ザ・イヤーには、活気のある赤紫の色味を帯びたダイナミックで紫がかった淡いブルーの新色、PANTONE® 17-3938 Very Periが選ばれました。ブルーの持つ誠実さと不変性、レッドの持つエネルギーと興奮を融合させた、この最も幸せで暖かいブルーの色合いは、元気を与える新しさの素を注入します。

私たちは今、変革の時代に生きています。パントン・ファッション、ホーム + インテリアのカラーパレットに新たに追加となった色、PANTONE 17-3938 Very Periは、今のグローバルな時代精神と 私たちが経ている変遷の象徴です。孤立していた厳しい時代から抜け出すにつれ、私たちの概念や基準は変わりつつあります。私たちの創造的精神を活気づける、屈託のない自信と大胆な好奇心を示す、探究的で興味をそそるPANTONE 17-3938 Very Periは、私たちがこの変わってしまった可能性の展望を受け入れ、人生を書き換えるような新たなビジョンへと導いてくれます。ブルーの持つ誠実さと不変性、レッドの持つエネルギーと興奮を融合させた、この最も幸せで暖かいブルーの色合いは、元気を与える新しさの素を注入します。ブルーが象徴するいくつかの性質への感謝の気持ちを呼び起こし、今日に響く新しい視点を加えたPANTONE 17-3938 Very Periは、未来を新たな光で照らし出します。

かつてない変化の世界に突入した今、PANTONE 17-3938 Very Periが選ばれたことで、信頼され愛されているブルーのカラーファミリーに新しい視点とビジョンがもたらされました。ブルーのさまざまな性質を包含すると同時に、紫がかった赤味を帯びるPANTONE 17-3938 Very Periは、勇気ある創造性と想像力のある表現を促す、元気で楽しい姿勢とダイナミックな存在感を見せます。

ー レアトリス・アイズマン、パントン・カラー・インスティテュート™ 、エグゼクティヴ・ディレクター

「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーは、私たちのグローバル・カルチャーにおいて現在起きていること反映し、その色を求める人々が役立つことを期待できるものを表現しています。」 パントン・カラー・インスティテュートのヴァイスプレジデント、ローリー・プレスマンはこう付け加えます。「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーのカラー教育プログラムの歴史の中で、初めて新色を作ることは、世界的な革新と変革が起こっていることを反映しています。社会がカラーを重要なコミュニケーション形態として、そしてアイデアや感情を表現したり影響を与えたり、人を惹きつけたり繋げたりする方法として引き続き認識している中で、この新しい赤紫を帯びたブルーの色味の複雑さは、私たちの前に横たわる広大な可能性を強調しています。」

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーについて

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの選定はトレンド分析を基に慎重に行われます。パントン・カラー・インスティテュートのカラーエキスパートは、色に影響を与える世界中の多彩な領域を綿密にチェックし、テーマカラーを毎年選定します。その領域とはエンターテイメント産業、映画制作、美術展示会、有望なアーティスト、ファッション、あらゆるデザイン、人気の高い観光地、新しいライフスタイル、プレイスタイル、社会経済などです。ニューテクノロジー、素材、テクスチャー、その他色に影響をおよぼすもの、ソーシャル・メディア、さらには世界中で注目されるスポーツイベントなども検討します。パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーは23年間に亘り、ファッション、ホームファニシング、インダストリアルデザイン、製品パッケージ、グラフィックデザインを含む多数の業界において製品開発や購入決定に影響を及ぼしてきました。

パントン・カラー・インスティテュート™ について

パントン・カラー・インスティテュートは、パントン社の1事業部門 としてトップ・シーズナル・ランウェイカラーにスポットを当てた紹介、グローバル・カラートレンドの予測、企業の製品やブランド・ビジュアル・アイデンティティーのためにカラーのアドバイスなどをしています。パントン・カラー・インスティテュートは、シーズナル・トレンド予測、色彩心理学、カラーコンサルティングによって、グローバルブランドと協業し、色がもたらす効果や心理面・感情面への作用など、独自のノウハウをデザイン戦略に活用しています。

過去のColor of the Year